行政書士泉法務研究所:03-4590-0206

第2種金融商品取引業・助言代理業登録の実際

第2種金融商品取引業、投資助言・代理業につき、実際の登録を行う際、東京であれば東京財務事務所、関西であれば近畿財務局等と折衝を行うことになります。いきなり申請書を提出するわけではなく、「概要書」(質問表といったりもします)をベースにして行政庁とMTGを繰り返すことになります。

その「概要書」の中身ですが、

主に重要事項を挙げてみますと、

・株主構成

・第2種、助言等の金融商品取引業への参入目的

 (この参入目的はある意味重要ポイントです)

・経営計画、収支計画(いわゆる損益計算書です)

・業務の方法

  勧誘をどのように行うか 顧客層  助言の分析方法(助言業の場合)

  組織体制については、

  帳簿等の作成、ディスクロージャー、顧客管理、研修体制、苦情処理等につき

  それぞれどの部門が担当するか、また、特に、苦情処理、顧客管理、内部監査等

  自社にては、具体的にどのような体制をとるのか明確に記載することが求められます。

  契約締結前交付書面・契約締結時交付書面を求められるケースもありえます。

  (もちろん、ドラフトレベルですが)

・法令遵守態勢をどのように行うか

・勧誘、説明態勢をどのように行うか

・弊害防止措置をどうするか

等々が記載された「概要書」をベースにしながら

別途

・業務方法書

・役職員の履歴書

 (知識・経験を見ていきます)

・組織体制図

・スキーム図等

を勘案しながら、詳細を詰めていきます。

その際、自社に合わせて別途自社の社内規則を求められたり、その時々に合わせて様々な書類の提出を求められます。 

公的な書類として、住民票、身分証明書、登記されていないことの証明書も求められます。 

実際の作業は中々に時間がかかると思われます。初めて方がご自身で申請を行う際、実際の申請レベルに達するまで、6ヶ月以上かかることもありえるようです。実際申請してから行政庁内部の審査を経て基本的には2ヶ月後に登録となりますから、申請まで半年かかるとなると着手から登録完了まで8ヶ月かかるケースもありえることになります。 

当職は多数の登録申請の実績を積むことも出来、ケースにもよるのですが、申請まで約2,3週間(早くて)で行っています。

直近では不動産信託受益権を取り扱う場合(第2種金融商品取引業)ですが書類作成の着手から実際の登録完了まで2ヶ月で完了できたケースもございます。 

よろしければお気軽にご相談くださいませ。


Copyright© IZUMI YUZOU ADMINISTRATIVE SCRIVENER OFFICE. All rights reserved.